FC2BBS

34514
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

井上氏まとめ - satto320

2018/10/21 (Sun) 07:57:49

ということで井上氏は2人の祖を持つと考えればいいかなと思います

★阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源允明ー女子(藤原致忠室)-?女子(源満仲室)ー頼信ー★頼季・・・・・井上氏

※源頼信の母は2説あるようです

①藤原元方(888-953)の娘
②藤原致忠(不明)の娘

ただし2人は親子関係

①藤原元方(888-953)ー②致忠ー保昌(958-1036)

ウィキ「藤原保昌」の項には
「武勇に秀で[1]、源頼信・平維衡・平致頼らとともに道長四天王と称された」とあります

源頼信(968-1048)・・・年代から考えると②藤原致忠の方が妥当かと・・・

それから
醍醐天皇ー源允明ー女子(藤原致忠室)ー保昌

清和源氏と醍醐源氏はその後も姻戚関係が見られます

※醍醐天皇ー盛明親王ー源則忠ー道成ー兼長ー隆長ー女子(源義家室)-義親・・・

よって
※醍醐天皇ー源允明ー女子(藤原致忠室)-?女子(源満仲室)ー頼信ー★頼季・・・・・

はあるかと考えます・・・

井上氏・・・再再考 - satto320

2018/10/21 (Sun) 07:20:53

以前投稿した脇坂氏・・

●宮道列子(藤原高藤室)ー定方ー女子(藤原尹文室)ー永頼ー能通ー実範ー季綱ー友実ー女子(源頼綱室)ー仲政ー頼行ー兼綱ー顕綱-政綱-行重-宗綱-綱満-貞満-光将-国綱-光綱-大河内満成ー?華陽院(水野忠政室)ー於大の方(久松俊勝室)ー多劫姫(保科正直室)ー女子(安部信盛室)ー女子(小出有棟室)ー有重ー女子(酒井重英室)ー5井上正之ー6正経ー7正定ー8正甫ー9正春ー女子(脇坂安斐室)



井上氏の流れがちゃんと出ていました

源頼季流保科氏の流れ・・

◎源頼季ー井上満実ー常田光平ー桑洞光長ー清長ー保科忠長ー長直ー長時ー光利ー正知ー正利ー正則ー正俊ー保科正直ー女子(安部信盛室)ー女子(小出有棟室)ー有重ー女子(酒井重英室)ー5井上正之ー6正経ー7正定ー8正甫ー9正春

◎源頼季ー井上満実ー常田光平ー桑洞光長ー清長ー保科忠長ー長直ー長時ー光利ー正知ー正利ー正則ー正俊ー正直ー女子(安部信盛室)ー女子(小出有棟室)ー有重ー女子(酒井重英室)ー5井上正之ー6正経ー7正定ー8正甫ー正兼ー正巳ー12正義ー13正徳ー14正世

◎源頼季ー井上満実ー常田光平ー桑洞光長ー清長ー保科忠長ー長直ー長時ー光利ー正知ー正利ー正則ー正俊ー正直ー女子(安部信盛室)ー女子(小出有棟室)ー有重ー女子(酒井重英室)ー5井上正之ー6正経ー7正定ー8正甫ー9正春ー10正直ー孝子(12井上正義室)ー13正徳ー14正世ー絢賀

そうすると徳川氏との関係も・・・



●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー定方ー女子(藤原尹文室)ー永頼ー能通ー実範ー季綱ー友実ー女子(源頼綱室)ー仲政ー頼行ー兼綱ー顕綱-政綱-行重-宗綱-綱満-貞満-光将-国綱-光綱-大河内満成ー?華陽院(水野忠政室)ー於大の方(松平広忠室)-徳川家康ー義直ー光友ー松平友著ー徳川宗勝ー6井上正国ー女子(7井上正紀室)


●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー定方ー女子(藤原尹文室)ー永頼ー能通ー実範ー季綱ー友実ー女子(源頼綱室)ー仲政ー頼行ー兼綱ー顕綱-政綱-行重-宗綱-綱満-貞満-光将-国綱-光綱-大河内満成ー?華陽院(水野忠政室)ー於大の方(松平広忠室)-徳川家康ー義直ー光友ー松平友著ー徳川宗勝ー竹腰勝紀ー7井上正紀ー8正瀧ー9正域・10正和ー11正順ー12正言ー綾子(13井上正鑑室)ー14正誠ー恵

井上氏再考 - satto320

2018/10/21 (Sun) 00:15:01

2人の養子につながりがないのもなんだかおかしな話です
それでもう一度考えてみました

井上氏にはもう1つこんな伝承があるようです


●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)・・・・阿部定時ー定吉ー井上清秀ー1正就・・・
ウィキ「阿倍定吉」より
「ただし、定吉側室星合氏が定吉の子を身ごもったまま、定吉死後に井上氏のところへ嫁ぎ、生まれた子が井上清秀であるといわれる。」

もしかすると
阿倍内麻呂(倉梯麻呂)の流れかもと思い調べてみました

すると
8正盧は肥前島原藩主松平(深溝)忠馮の2男・・・
●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー有明親王ー昭子女王(藤原兼通室)ー顕光ー顕忠ー兼家ー兼助ー光助ー助俊ー俊通ー助清ー清家ー清満ー光俊ー本多助秀ー助定ー助政ー定通ー定忠ー定助ー助時ー助豊ー忠豊ー忠高ー忠勝ー小松姫(真田信之室)ー信政ー信就ー信弘ー信安ー女子(松平忠恕室)ー忠馮ー8井上正廬
たしかに本多氏と井上氏は姻戚関係にあります・・

●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー有明親王ー昭子女王(藤原兼通室)ー顕光ー顕忠ー兼家ー兼助ー光助ー助俊ー俊通ー助清ー清家ー清満ー光俊ー本多助秀ー助定ー助政ー定通ー定忠ー定助ー助時ー助豊ー忠豊ー忠高ー忠勝ー忠政ー忠義ー女子(3井上正任室)・・


さらに
●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー女子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源高明ー女子(為平親王妃)ー顕定ー資定ー有房ー女子(源義国室)ー義康ー足利義兼ー義氏ー吉良長氏ー今川国氏ー基氏ー範国ー貞世ー貞臣(義範)ー貞相ー堀越範将ー貞延ー瀬名一秀ー氏義(広口親永)ー築山殿(徳川家康室)ー岡崎信康ー熊姫(本多忠政室)ー忠義ー女子(3井上正任正室)・・・
足利氏・信康流も阿部氏流・・・さらにさかのぼれば
勧修寺流・・・

ということで

10正健は大久保忠隆(相模小田原藩主大久保忠顕の3男)の長男・・・

●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー定方ー朝頼ー為輔ー宣孝ー隆光ー隆方ー為房ー為隆ー光房ー吉田経房ー定経ー資経ー経俊ー坊城俊定ー定資ー勧修寺経顕ー経重ー経豊ー経興ー★教秀ー女子(三条西実隆室)ー公条ー女子(中院通為室)ー通勝ー通村ー通純ー通茂ー野宮定基ー女子(大久保忠方室)ー忠興ー忠由ー忠顕ー忠隆ー10井上正健ー女子(11井上正誠室)


●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー定方ー朝頼ー為輔ー宣孝ー隆光ー隆方ー為房ー為隆ー光房ー吉田経房ー定経ー資経ー経俊ー坊城俊定ー定資ー勧修寺経顕ー経重ー経豊ー経興ー★教秀ー女子(三条西実隆室)ー公条ー女子(大久保忠員室)ー忠世ー忠隣ー教隆ー忠朝ー忠増ー忠方ー忠興ー忠由ー忠顕ー忠隆ー10井上正健ー女子(11井上正誠室)

△阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源高明ー女子(為平親王妃)ー顕定ー資定ー有房ー女子(源義国室)ー義康ー足利義兼ー義氏ー能子(四条隆親室)-?鷲尾隆良ー隆宣ー隆宗ー隆冬ー女子(勧修寺経豊室)-経成ー★教秀ー女子(三条西実隆室)ー公条ー女子(大久保忠員室)ー忠世ー忠隣ー教隆ー忠朝ー忠増ー忠方ー忠興ー忠由ー忠顕ー忠隆ー10井上正健ー女子(11井上正誠室)


●阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源高明ー女子(為平親王妃)ー女子(具平親王妃)ー源師房ー顕房ー雅実ー顕通ー雅通ー土御門通親ー久我通光ー通忠ー通基ー通雄ー長通ー通相ー具通ー通宣ー清通ー通博ー中院通世ー通胤ー通為ー通勝ー通村ー通純ー通茂ー野宮定基ー女子(大久保忠方室)ー忠興ー忠由ー忠顕ー忠隆ー10井上正健ー女子(11井上正誠室)

さらに
徳川家とのつながりを考えると


6正国は尾張名古屋藩主徳川宗勝の10男
7正紀は尾張名古屋藩付家老竹腰勝起の2男

△阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源允明ー女子(藤原致忠室)-?女子(源満仲室)ー頼親ー頼房ー頼俊ー頼治ー親弘ー女子(新田義重室)ー得川義季ー世良田頼氏ー教氏ー家時ー満義ー政義ー親季ー有親(長阿弥)ー松平親氏(徳阿弥)ー泰親ー信光ー親忠ー長親ー信忠ー清康ー広忠ー徳川家康ー義直ー光友ー松平友著ー徳川宗勝ー6井上正国ー女子(7井上正紀室)ー?8正瀧ー9正域・10正和ー11正順ー12正言ー綾子(13井上正鑑室)ー14正誠ー恵


△阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源允明ー女子(藤原致忠室)-?女子(源満仲室)ー頼親ー頼房ー頼俊ー頼治ー親弘ー女子(新田義重室)ー得川義季ー世良田頼氏ー教氏ー家時ー満義ー政義ー親季ー有親(長阿弥)ー松平親氏(徳阿弥)ー泰親ー信光ー親忠ー長親ー信忠ー清康ー広忠ー徳川家康ー義直ー光友ー松平友著ー徳川宗勝ー竹腰勝紀ー7井上正紀ー8正瀧ー9正域・10正和ー11正順ー12正言ー綾子(13井上正鑑室)ー14正誠ー恵

13正鑑は陸奥盛岡藩主家南部利克の2男

○井上正任ー女子(松平信輝室)ー信祝ー正温ー正升ー正路ー正敬ー正和ー鍈子(水野忠敬室)ー銓子(南部利克室)ー13井上正鑑ー14正誠ー恵

△阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源允明ー女子(藤原致忠室)-?女子(源満仲室)ー頼親ー頼房ー頼俊ー頼治ー親弘ー女子(新田義重室)ー得川義季ー世良田頼氏ー教氏ー家時ー満義ー政義ー親季ー有親(長阿弥)ー松平親氏(徳阿弥)ー泰親ー信光ー親忠ー長親ー信忠ー清康ー広忠ー徳川家康ー秀忠ー天徳院(前田利常室)-光高ー綱紀ー利章ー女子(南部利雄室)ー利謹ー利済ー利剛ー利克ー13井上正鑑ー14正誠ー恵

とすると

△阿倍内麻呂(倉梯麻呂)ー御主人ー広庭ー嶋麻呂ー粳蟲ー道守ー雄笠ー女子(藤原冬嗣室)ー良門ー高藤ー胤子(宇多天皇女御)ー醍醐天皇ー源允明ー女子(藤原致忠室)-?女子(源満仲室)ー頼信ー頼義ー義光ー義清ー加賀美遠光ー小笠原長清ー長経―清経―安経―経顕―長興―常興―経光―武経―満経―教経―経隆―朝経―政盛―経智―長勝―経直(貞経)―経康(経治)―貞則(直経)―貞政(常春、常政)-勘敬ー松平忠刻ー忠恕ー忠馮ー8井上正廬

こんな流れもありますね

井上2 - satto320

2018/10/20 (Sat) 16:58:19

8正盧は肥前島原藩主松平(深溝)忠馮の2男

●信濃高梨氏の娘(長尾能景側室)ー為景ー仙桃院(長尾政景室)ー上杉景勝ー定勝ー虎姫(鍋島光茂室)ー○女子(水野忠直室)ー忠周ー女子(土屋陳直室)ー○女子(松平忠刻室)ー△忠恕ー忠馮ー8井上正廬

という結果でした

※女子(水野忠直室)の母は上杉定勝女(寛政譜5-163で確認)
※女子(松平忠刻室)の母は土屋陳直女(寛政譜1-261で確認)
※松平忠恕の母は某 嫡母の養いとなる(寛政譜1-88で確認)
ウィキでは
※松平忠恕の母は土屋陳直女となっていますが寛政譜で確認すると嫡母の養子となったようです

再考の余地ありです

ちなみに


△信濃高梨氏の娘(長尾能景側室)ー為景ー仙桃院(長尾政景室)ー上杉景勝ー定勝ー亀姫(前田利明室)ー×女子(水野忠周室)ー女子(土屋陳直室)ー女子(松平忠刻室)=忠恕ー忠馮ー井上正廬

※女子(水野忠周室)の母は本多忠義の女(寛政譜6-463)となっていました

井上氏 - satto320

2018/10/20 (Sat) 05:32:30

常陸下妻藩主家

家伝では

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正利ー正任ー1正長ー女子(井上正矩室)ー?女子(2井上正敦室)

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正義ー正晴ー正矩ー女子(2井上正敦室)ー正賀(早世)

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー政重ー政次ー政清ー政式ー2正敦ー正賀(早世)

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正利ー正任ー女子(金森頼業室)ー頼時ー可寛ー頼錦ー3井上正辰ー4正意

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正利ー正任ー酒井重英ー井上正之ー正経ー5正棠ー6正広

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正利ー正任ー酒井重英ー井上正之ー正経ー5正棠ー7正建

8正盧は肥前島原藩主松平(深溝)忠馮の2男
きっとこれなのではないかと・・・未確認

●信濃高梨氏の娘(長尾能景側室)ー為景ー仙桃院(長尾政景室)ー上杉景勝ー定勝ー亀姫(前田利明室)ー?女子(水野忠周室)ー女子(土屋陳直室)ー女子(松平忠刻室)ー忠恕ー忠馮ー8井上正廬

あるいは
●信濃高梨氏の娘(長尾能景側室)ー為景ー仙桃院(長尾政景室)ー上杉景勝ー定勝ー虎姫(鍋島光茂室)ー?女子(水野忠直室)ー忠周ー女子(土屋陳直室)ー女子(松平忠刻室)ー忠恕ー忠馮ー8井上正廬

※源頼季ー井上満実ー高梨盛光ー盛高ー頼高ー頼平ー経高ー泰高ー経家ー高家ー朝高ー朝秀ー高景ー教秀ー法往院(長尾能景室) 
 高梨氏は源頼季流・・・

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正利ー正任ー酒井重英ー井上正之ー正経ー正定ー正甫ー9正民ー女子(10井上正健室)


10正健は大久保忠隆(相模小田原藩主大久保忠顕の3男)の長男・・・これなのではないかと・・

●源頼季ー満実ー葦田家光ー道家ー忠家ー家範ー朝家ー赤井為家ー家茂ー基家ー家清ー家職ー光家ー忠家ー親家ー直家ー忠家ー時家ー山口直之ー直友ー女子(板倉重昌室)ー?女子(小笠原政信室)ー?女子(中院通茂室)ー野宮定基ー女子(大久保忠方室)ー忠興ー忠由ー忠顕ー忠隆ー10井上正健ー女子(11井上正誠室)

※板倉重昌ー女子(小笠原政信室)ー女子(織田信昌室、後中院通茂室)
 寛政譜1-585で確認

源頼季流の赤井氏の流れではないかと・・・
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/010/01009a.htm#002

と思ってたんですが・・・調べると寛政譜1-241
では・・・
林源右衛門吉定ー女子(板倉重昌継室)ー女子(小笠原政信室)ー女子(織田信昌室、後中院通茂室)ー野宮定基ー女子(大久保忠方室)ー忠興ー忠由ー忠顕ー忠隆ー10井上正健ー女子(11井上正誠室)

でした。

で、この林吉定なる人物、板倉重昌の正室になる娘をもつ人物・・・もしかして林吉忠の間違いではないかと予想します。「定」の草書体なら「忠」に見えなくもない。
なぜそう考えたかといえば、この林吉忠、請西藩林氏に藩祖?となるわけで、実は上林政重の長男とのことなのです。

上林政重1550-1600
林吉忠 1587-1615
板倉重昌1588-1638
板倉重矩1617-1673
年代的にはぴったりか?

しかもこの上林政重は山口直友と同じく源頼季流なのです。

●源頼信ー頼季ー家季ー家光ー道家ー葦田忠家ー家範ー朝家ー赤井為家ー家茂ー基家ー上林秀家ー家行ー家長ー家久ー家元ー家成ー家国ー家氏ー氏忠ー久重ー政重ー林吉忠ー?女子(板倉重昌継室)ー女子(小笠原政信室)ー女子(中院通茂室)ー野宮定基ー女子(大久保忠方室)ー忠興ー忠由ー忠顕ー忠隆ー10井上正健ー女子(11井上正誠室)

http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kanbaya.html 上林氏
※女子(小笠原政信室):母は林吉定女(寛政譜1-241板倉氏)
※女子(中院通茂室):母は板倉重昌女(寛政譜1-585小笠原氏)

林藤四郎吉忠 寛政譜2-49 元和元年5月7日戦死 年29
あくまで推測ですがどうでしょうか?

11正誠は丹波篠山藩主青山忠良の4男

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就―正利―女子(青山幸実室)―幸督―幸秀―忠高―忠裕―忠良―11井上正誠

△源頼信ー頼季ー井上満実ー常田光平ー桑洞光長ー清長ー保科忠長ー長直ー長時ー光利ー正知ー正利ー正則ー正俊ー正直ー女子(加藤明成室)ー×女子(青山幸利室)ー幸実ー幸督―幸秀―忠高―忠裕―忠良―11井上正誠 
×女子(青山幸利室) 母:某 寛政譜5-22
 
※井上支流保科氏の流れ・・・はありませんでした


●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正利ー正任ー酒井重英ー井上正之ー正経ー正定ー正甫ー正春ー12正信

●源頼信ー頼季ー井上満実ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー○ー清宗=清秀ー正就ー正利ー正任ー酒井重英ー井上正之ー正経ー正定ー正甫ー13正兼ー14正巳ー15正国

無題 - satto320

2018/10/17 (Wed) 07:05:43

遠祖平姓でいうなら

●平高望ー良文ー忠頼ー将恒ー武基ー武綱ー秩父重綱ー女子(三浦義明室)ー義澄ー義村ー矢部禅尼(北条泰時室)ー?女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深・・・

こちらの一色氏の流れの方がいいかも・・・

それからもしかして

平詮定という人物

平詮定ー女子(町資藤室)ー藤光ー広光ー広橋守光・・(広橋家)

もしかして一色詮定なのだろうか?

この平詮定という皇室の祖の1人になる人物の出自が皆目見当もつかないのです

一色詮定(久松氏の祖)が平詮定ならば納得するわけです

○一色公深ー範氏ー範房ー詮光ー満貞ー?詮定ー女子(町資藤室)ー藤光ー広光ー広橋守光・・(広橋家)

○一色公深ー範氏ー直氏ー氏兼ー満直ー女子(町藤光室)ー広光ー広橋守光・・・

でも世代が違う・・・

○一色公深ー範氏ー範房ー?詮定ー女子(町資藤室)ー藤光ー広光ー広橋守光・・(広橋家)
これなら世代数も年代もいいかな?

一色範氏1300?-1369
一色範光1325 -1388
一色詮範1340 -1406
町資藤1366-1409

「平詮定」は「一色詮定」なのかも・・・あくまで推測です・・・

△平高望ー良文ー忠頼ー将恒ー武基ー武綱ー秩父重綱ー女子(三浦義明室)ー義澄ー義村ー矢部禅尼(北条泰時室)ー?女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー範房ー?詮定ー女子(町資藤室)ー藤光ー広光ー広橋守光・・(広橋家)

土屋氏 - satto320

2018/10/17 (Wed) 00:09:59

土屋氏は桓武平氏流が遠祖

●平高望ー良文ー忠頼ー頼尊ー常遠ー常宗ー中村宗平ー土屋宗遠ー宗光ー光時ー遠経ー貞遠ー貞包ー宗将ー秀遠ー道遠ー宗弘ー宗貞ー氏遠ー景遠ー忠景ー忠致ー重平ー忠重

●平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー時信ー入江維清ー清房ー維綱ー清綱ー岡部泰綱ー忠綱ー長綱ー家綱ー康綱ー照綱ー時綱ー永綱ー良喜ー良綱ー仲綱ー親綱ー土屋貞綱

●平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー時信ー入江維清ー清房ー維綱ー清綱ー岡部泰綱ー忠綱ー長綱ー家綱ー康綱ー照綱ー時綱ー永綱ー良喜ー良綱ー仲綱ー親綱ー元信ー女子(土屋昌恒室)ー忠直・・・・・

ただ一色流の流れとなる・・・
◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー範光ー詮範ー土屋範貞ー範次ー藤直ー金丸藤次ー虎嗣ー虎義ー土屋昌続・土屋昌恒ー忠直ー1数直ー2政直ー3陳直ー4篤直ー5寿直

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー範光ー詮範ー土屋範貞ー範次ー藤直ー金丸藤次ー虎嗣ー虎義ー土屋昌続・土屋昌恒ー忠直ー1数直ー2政直ー3陳直ー4篤直ー6泰直

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー範光ー詮範ー土屋範貞ー範次ー藤直ー金丸藤次ー虎嗣ー虎義ー土屋昌続・土屋昌恒ー忠直ー1数直ー2政直ー3陳直ー4篤直ー7英直ー8寛直

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー範光ー詮範ー土屋範貞ー範次ー藤直ー金丸藤次ー虎嗣ー虎義ー土屋昌続・土屋昌恒ー忠直ー1数直ー2政直ー3陳直ー4篤直ー7英直ー充子(9土屋彦直室)ー10寅直

よって3人の養子は

9彦直は常陸水戸藩主徳川治保の3男
11挙直は常陸水戸藩主徳川斉昭の17男
13尹直は公家堤雄長の3男

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー直氏ー氏兼ー満直ー女子(町資広室)ー広光ー広橋守光ー兼秀ー国光ー兼勝ー女子(樋口信孝室)ー信康ー長(松平頼侯室)ー頼豊ー徳川宗堯ーー宗翰ー治保ー9土屋彦直ー10寅直

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー直氏ー氏兼ー満直ー女子(町資広室)ー広光ー広橋守光ー兼秀ー国光ー兼勝ー女子(樋口信孝室)ー信康ー長(松平頼侯室)ー頼豊ー徳川宗堯ーー宗翰ー治保ー治紀ー斉昭ー11土屋挙直ー12正直ー章子(13土屋尹直室)ー14宣直ー15輝直

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー直氏ー氏兼ー満直ー女子(町資広室)ー広光ー広橋守光ー兼秀ー女子(庭田重保室)ー中御門資胤ー清閑寺共房ー共綱ー熈房ー万里小路尚房ー甘露寺規長ー篤長ー国長ー愛長ー堤功長ー雄長ー13土屋尹直ー14宣直ー15輝直

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー直氏ー氏兼ー満直ー女子(町資広室)ー広光ー広橋守光ー兼秀ー女子(庭田重保室)ー中御門資胤ー清閑寺共房ー共綱ー熈房ー女子(勧修寺尹隆室)ー高顕ー顕道ー女子(柳原紀光室)ー均光ー隆光ー光愛ー浜(堤雄長室)ー13土屋尹直ー14宣直ー15輝直

◎平高望ー女子(藤原維幾室)ー為憲ー工藤時理ー維景ー維職ー維継ー祐隆(家次)ー伊東祐家ー祐親ー女子(北条時政室)ー義時ー泰時ー女子(足利義氏室)ー泰氏ー一色公深ー範氏ー直氏ー氏兼ー満直ー女子(町資広室)ー広光ー広橋守光ー兼秀ー女子(庭田重保室)ー中御門資胤ー清閑寺共房ー共綱ー熈房ー万里小路尚房ー女子(勧修寺高顕室)ー顕道ー女子(柳原紀光室)ー均光ー隆光ー光愛ー浜(堤雄長室)ー13土屋尹直ー14宣直ー15輝直

ついでに長州藩家老福原男爵家 - satto320

2018/10/15 (Mon) 20:00:16

福原家

⑧福原広俊ー⑨貞俊ー⑩広俊ー⑪貞俊ー⑫元俊ー1広俊ー2元俊ー3広俊ー4広頼

⑧福原広俊ー⑨貞俊ー⑩広俊ー⑪貞俊ー⑫元俊ー1広俊ー2元俊ー3広俊ー5広泰

⑧福原広俊ー女子(毛利弘元室)ー元就ー天野元政ー毛利元倶ー元法ー女子(益田就武室)ー就賢ー6福原元貞ー7広門ー8就清

⑧福原広俊ー女子(毛利弘元室)ー元就ー隆元ー輝元ー就隆ー元次ー広豊ー就馴ー9福原房純ー熙賢ー10親俊

⑧福原広俊ー女子(毛利弘元室)ー元就ー隆元ー輝元ー就隆ー元次ー広豊ー就馴ー広鎮ー11福原元僴


12福原親徳は周防山口藩家臣粟屋親睦の子 ・・・
 きっとこれかな?
⑧福原広俊ー女子(毛利弘元室)ー元就ー穂井田元清ー女子(宍戸広匡室)ー熊谷元実ー就実ー元貞ー志道就久ー熊谷親貞ー女子(志道熈良室)ー?女子(粟屋親睦継室)ー?12福原親徳(良通)ー13俊丸ー14俊一郎

※熊谷親貞ー女子(志道熈良室)ー粟屋親忠

※熊谷親貞ー女子(志道熈良室)ー粟屋親忠
ウィキ「粟屋親忠」より推測

長州藩家老宍戸家 - satto320

2018/10/14 (Sun) 23:43:59

せっかくですので宍戸家(男爵)を調べてみました

●藤原兼家ー道兼ー兼隆ー兼房ー兼仲ー八田宗綱ー知家ー宍戸家政ー家周ー家宗ー家時ー知時ー時国ー岩間時宗ー?宍戸元家ー元源ー元家ー隆家ー元秀ー1元続・・

◎1宍戸元続ー2広匡ー3就尚ー女子(4宍戸就附室)

◎1宍戸元続ー2広匡ー熊谷元実ー4宍戸就附

◎1宍戸元続ー2広匡ー熊谷元実ー5宍戸就延ー女子(6宍戸広隆室)

◎1宍戸元続ー2広匡ー熊谷元実ー就実ー6宍戸広隆

◎1宍戸元続ー2広匡ー熊谷元実ー就実ー元貞ー7宍戸広周ー8就年ー9親朝

◎1宍戸元続ー2広匡ー熊谷元実ー就実ー元貞ー7宍戸広周ー8就年ー女子(福原房純室)ー10宍戸元礼ー11親基ー12徳裕ーキク(13宍戸乙彦室)ー14淳彦ー正子(二階堂友久室)ー15宍戸達彦

◎1宍戸元続ー女子(毛利元倶室)ー元法(元任)ー女子(益田就武室)ー就賢ー女子(毛利元雅室)ー広圓ー就言ー親頼ー熈頼ー親詮ー13宍戸乙彦ー14淳彦ー正子(二階堂友久室)ー15宍戸達彦

△1宍戸元続ー2広匡ー熊谷元実ー就実ー元貞ー7宍戸広周ー8就年ー女子(福原房純室)ー10宍戸元礼ー11親基ー12徳裕ーキク(13宍戸乙彦室)ー節子(二階堂哲朗室)ー?友久ー15宍戸達彦

参考
https://ameblo.jp/derbaumkuchen/entry-12098799196.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%8D%E6%88%B8%E6%B0%8F

毛利氏・・もう一度 - satto320

2018/10/14 (Sun) 21:29:58

毛利氏・・もう一度投稿内容を見ると・・

「このときの毛利氏と停戦の人質交換に際し、羽柴陣営から送り出されたのが重政と高政の兄弟で、これを引き取ったのが毛利家臣の宍戸某(宍戸元続か)だった。」

④大江広元ー毛利季光ー経光ー時親ー貞親ー親衡ー元春ー広房ー光房ー煕元ー豊元ー弘元ー元就ー五龍局(●宍戸隆家室)ー天遊永寿(村上通康室)ー?女子(福島高晴継室)ー?玄興院(来島長親室)ー通春ー通清ー6毛利高慶ー高通ー7高丘ー8高標ー9高誠ー10高翰ー11高泰ー12高謙

毛利高政を預かったのが宍戸元続・・
宍戸元続は
●毛利元就ー五龍局(宍戸隆家室)ー元秀ー元続

なにやら藤姓毛利氏と宍戸家とのつながりが見えてきたようです・・
 この恩で藤姓毛利氏に宍戸の家につらなる者を養子に迎えたとも思えなくありません・・


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.